どのくらい彼を見ていたかはわからない。

けど彼は私の視線にまったく気付かずiPodで曲を聞いていた。





家に帰っていつもと同じようにご飯を食べてお風呂に入って。

「あ〜」

ベッドに横たわると彼のことを思い出す。

そして彼を見ていた私のことも。

『知らない間にかっこいい〜なんて目で男を見るようになったのか。』

そんな風に上手いことまとめて眠りについた。