ubNItIC


タイトル:
「Paper Love」
ペンネーム:
柊タツ
あらすじ:
スキャンダル写真を撮ることを仕事にする1人のカメラマン。
彼の口癖は、「真剣にするなんてバカバカしい」。
そんな彼が、ひょんなことをきっかけに、1人の少女と出逢う。
しかしその少女は、誰にも明かさないある秘密を持っていたのだった・・・。
2011年7月25日 - 19:30
「Paper Love」第3話

『あの人と出会いもう5年、某有名人と恋愛中のミカの日記。赤裸々に彼とのデートを
報告します』


「ひょっとして、ミラクルヒットか!?」

雄介はまさかの展開に興奮を隠せない。

「ひょっとしたら、新たなスクープ発見になるかもしれない。」

そう思い、そのブログをクリックした。
するとそこには、毎日毎日、克明にその日の彼との生活が記しされていた。

2011年7月16日 - 21:08
「Paper Love」第2話

雄介がいつもパソコンですること。・・・それは、無作為キーワード検索。

芸能人のデート目撃情報をだれかがブログに書いてないか、ゴシップサイトがネタに
なりそうな記事を書いてないか・・・。

ひたすら自分の思いついたキーワードで検索をかける。

これも仕事のひとつ



「タレント 熱愛」



いいのが出ない・・・。





「アイドル デート」



べたな情報ばかり・・・。





「隠し子 俳優」



またあの歌舞伎俳優ネタか・・・。





「政治家 不倫」



今話題のあの政治家の記事ばかり・・・。





「ヤリ○ン 女優」



アダルトサイトしかひっかからない・・・。





「五反田 ホテル」



風俗サイトしかひっかからない・・・。





「パンチラ OL」



おっと、これはただの趣味だ・・・。



と、いつも最後のほうは仕事と関係ない、欲望に走ったテキトーな検索ワードになる
のがお決まり。



そして、この日も20〜30回ワードを変えて検索した頃だろうか、

たまたまこんなキーワードを入れてみた。

「ナース 出会い」



「さあ、エロサイトが出てくるだろう。ちょっぴり楽しんでから寝ようとするか。」

そんな思いで表示された検索一覧をチェック。



すると、ひとつのページの紹介文に目が止まった。

2011年7月13日 - 12:00
「Paper Love」第1話

「最悪、成果、ゼロじゃん。」
雄介はベッドの上に一眼レフカメラを力強く放り投げると、
胸ポケットからタバコを取り出し、最後の一本に火をつけた。
「あ〜あ、またこれで今月も赤字確定だな」
ため息混じりにつぶやいた言葉が、たばこの煙と重なって思わずムセる。

鹿島雄介。32歳。職業、フリーカメラマン。
しかし、“カメラマン”というのは名ばかり。
「ファインダー越しに、多くの人の笑顔が見たい」。
そんな思いで高校卒業と同時にブライダルカメラマンの道を歩んだものの、
会社の人間関係に疲れて挫折。
しかしカメラの仕事が捨てきれず、今では、タレントたちのスキャンダルやお宝写真を
撮っては、ゴシップ誌に売りつけて生計を立てる日々。
今ではファインダー越しに見ているのは、幸せな笑顔ではなく、困惑の表情ばかり。

そんな生活を始めて今年で5年目。
この日は大物政治家の宿舎に一日張り込みスキャンダルを狙うも、大ハズレ。

雄介はタバコを吸い終えると、むしゃくしゃした気持ちで部屋のパソコンの電源を入れ
た。
日課となっている、ある行為を始めるためだ・・・。





2017年10月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031